FC2ブログ

やまちゃんの独り言

リアルタイムに更新中! ※コメントはできませぬ。

転ばぬ先の杖

何事にしても
これから先に起こる事実は確実じゃない。


イレギュラーが起きたり
解釈の違いで
思い通りの結果にならない時がある。


いくら原因が人や自然であっても
困るのは自分。


とくにこの時代、
とくにこの北海道、
話しが通じないバカばかり。
約束ごとなんて、
三歩歩いたら無かったことになっている。


これも不景気の象徴なんだね。
いいや、弱者が勘違いできる環境になったと言えよう。


当たり前が当たり前じゃない、
錯覚した時代。


“予定通り”なんて簡単なことなのに
それをわざわざ難しくするアホども。


こいつらに『転ばぬ先の杖』の意味なんてわかりもしないだろう。


単に仕事できないくせに、なんとかなるだろう的な考えでいる。


まず、こんなやつらの特徴は、後片付けできないといえる。


仕事できるやつは、片付けながら仕事するから、終わった時には大して片づけるものがない。だから、次の仕事へ移るのが早いし、余裕ができるからバタバタしない。


飲み会やレクリエーションなどが大事なのは、そこにある。ただ、仕事だけで顔を付き合わせるのではなく、仕事場から離れ、そういった行事をすることで、個々の特徴が見受けられるからだ。


本当にできるやつと、実はできないやつ。


本当にできるやつは、仕事でイレギュラー発生しても慌てない。『転ばぬ先の杖』を持っているから。できないやつは、まず『言い訳』から始まる。そして、なんとかするような、うやむやなことを晒す。


人の上に立てるやつって、やっぱその辺が違うんでないかな?
スポンサーサイト



 [ 2012/10/31 02:33 ]  仕事 | TB(-) | CM(-)

やまちゃんの独り言

いかがお過ごしですか?




休日を満喫していますか?




ぐっすりと、

寝ていますか?




金も体力も尽きるくらい、

遊んだことありますか?




クルマあるなら、

そのクルマの最高速度出したことありますか?




身近にある、

一番高い山に登ったことありますか?




本気で、

苦労していますか?




本気で、

仕事していますか?




人に、

本気で褒められたことありますか?




人に、

本気で怒られたことありますか?




人を、

本気で殴ったことありますか?




人に、

本気で殴られたことありますか?




人を、

本気で好きになったことありますか?




人を、

本気で愛したことありますか?




思い切り、

叫んだことありますか?




思い切り、

泣いたことありますか?




思い切り、

笑っていますか?




死ぬほど、

人を好きになったことありますか?




死ぬほど、

恥ずかしい思いしたことありますか?




死ぬほど、

悔やんだことありますか?




死にそうになったことありますか?




幸せだと思いこんではいませんか?




不幸だと思いこんではいませんか?




本当の自分を見失っていませんか?




限界越えたことありますか?




心から感謝したことありますか?




直感を信じたことありますか?




自分の考えが間違いだと思いますか?




ビビってませんか?




イイ女なのにブサイクになっていませんか?




オデコ出せますか?




人が嫌になっていませんか?




優しすぎるのではないのですか?




自然は好きですか?




風を感じたことありますか?




太陽を感じたことありますか?




大地に足つけていますか?




深く呼吸したことありますか?




空を見上げたことありますか?




青空を見ましたか?




星空を見ましたか?




地元へ帰ったことありますか?




幼なじみと会ったことありますか?




大丈夫。




ゆっくりね。

































































 
 [ 2012/10/28 21:34 ]  独り言 | TB(-) | CM(-)

裁判=公開

世の中、トラブルは付き物。



しかし、それについて訴えを起こさないのは、先進国の中でも日本くらいじゃないでしょうか・・・



前にも書いたけど、ガキのケンカは殴り合い、大人のケンカは話し合いなのだ。



話し合いにならねば、訴えをお越すしかありません。



労働基準監督署へ行っても、「あっせん」が最高であり、相手がその出席を断れば、それでお終いです。




法的拘束力がないからです。




腐った企業には、クソみたいな顧問弁護士がついているので、大抵は泣き寝入りすることでしょう。



裏を返せば、そんなあなたは、どれだけ世間知らずなのか?って言われても仕方がありません。それが現実的ですから。



とくに、この札幌市は良い例でしょう。



ちなみにオレの座右の銘のひとつ、



「負けるケンカはしない!」



この記事で結論付けて言いたいのは、弁護士が引き受ける訴訟で裁判に至ると言うことは、勝つ根拠があるということ。そして、裁判になると言うことは、『公の場』で議論されることなのです。



一般の人やマスコミ、その企業の関係者や業界の人など・・・多数いる前で討議されるのです。



結果、人の感情って法律とは関係なく解釈されるもの。









『火のないところには煙りは立たない』という解釈だからね(爆)









そんな恥ずかしい内容なら、家庭や職場どころか、オレなら引っ越しするだろうな。



「いままで」を台無しにするか、たかが数百万で穏便に済ませ、「いまから」を継続する毎日を選ぶかは、まさに被告人の判断次第になる。



オレはナニよりも『勝ち』『負け』だけどね(笑)

















※いま忙しいので、後日落ち着いた段階で、訴訟をして正式に裁判所に受理されたあたりで、企業名、個人名を公開します。


ちなみにこちら側の弁護士は、普段は企業側専門の弁護士であり、労働者専門ではない。その弁護士が引き受ける意味を理解すべきである。
 [ 2012/10/27 17:56 ]  仕事 | TB(-) | CM(-)

サブぃなり(>o<)



初氷です。





羊蹄山ですー。



寒いの嫌ゃ・・・
 [ 2012/10/25 19:01 ]  独り言 | TB(-) | CM(-)

大阪・船場のそば屋さん

これでいいんだよな・・・





手書きのメニュー(舌代)



大きめの小鉢にもりつゆと黄身。しょうがかとおもうような色のワサビ



仙台以西でよくある旨い七味



ヤカンがいい。



しかし出票がアカン(笑)








これでいいんだよ。
ふつうにウマいし・・・
 [ 2012/10/18 23:45 ]  独り言 | TB(-) | CM(-)

旅ショット

◆津軽海峡上空


◆船場のお蕎麦屋さん


◆豆腐のお好み焼き(十三ぐりぐりさん)


◆JR大阪駅(三省堂書店さんからの眺め)


◆閑散としている関西国際空港
 [ 2012/10/18 22:59 ]  独り言 | TB(-) | CM(-)

ミナミのねぇちゃん








この子らにツッコミ入れられるのが病みつきになりますわ!!
 [ 2012/10/18 02:55 ]  独り言 | TB(-) | CM(-)

イイネ!!

オレがススキノつまんねぇ・・・札幌つまんねぇ・・・北海道つまんねぇ・・・って理由。


大阪へ来てみるとよくわかる。


ただつまんねぇとは違うくて、そのつまらなさが経済にもダイレクトに影響していると言いたい。


とくに北海道の僻地における根性の悪さ、陰湿でイカれてる町村民。


そんなクソ田舎から憧れと利便性だけで札幌へやって来た、札幌の発展に全く必要のない無価値な都会ぶら下がり町村民。


この二者が札幌(北海道)をダメにしている。


全国的に、世界的に、経済は悪い。


しかし、目に見えない“景気”とは人の“気質”そのものだと言える。


それをこの大阪で素直に感じる。


ただミナミへ飲みに行ってるわけではない。


歓楽街は、その景気を容易に読みとれるからだ。


とくにキャッチ(ボッタクリ系)の声の掛け方ひとつでわかる。


中洲(福岡)もそうだけど、“イカニモ”“イカツイ”とされるキャッチたちが声を掛けてくる。


その様子が何故景気と関係するかは今回はおいといて、屁理屈ではなく格好つけるのではなく、ただただ素直さで良いことにも悪いことにも向き合う姿勢が本当の姿ではなかろうか。


さらに知っての通り、関西とはノリやツッコミが激しい土地柄。


うざい面もあるかもしれないけど、まさにこの不景気には大事な要素なのかもしれない。


そんな気質が土地柄を創り出し、どんなに不景気であってもそれを感じさせない、いいやネガティブな空気のない世界を築いている。


日本一治安が悪く、日本一路上生活者が多い。


関空できる以前は、都道府県で日本一面積の小さかった大阪府。


なのに東京、横浜についで三番目に人口が多い。


だからその密度は半端ない。


北海道は人と人の間に牛と熊と鹿がいるだけ(笑)


美食文化イメージが迷走し、勘違い文化が浮き彫りになった北海道。


名所地でも同じ。盛りすぎたイメージを発信し、見事に期待を裏切る。小樽運河が良い例だろう。単なるドブ川だから(笑)夜がオススメ!ヘドロが見えなくてライトアップしてキレイに見えるから(笑)


そのやり方、ザ・北海道てな感じ。


『しょうがないべや』で済ませる北海道の卑怯で無責任な田舎思考者たち。


こいつら、楽園気分でいるのかもしれないけど、“できる人”がみんな北海道から離れてしまって天敵がいないからのさばっている。


脇が甘すぎる。


とにかく、そんな角度からワッチしてみる旅をしている。


“生きる”為には“お金”が必要。お金を得る為には“仕事”をしなければならない。その“仕事”に対する意識が低すぎる札幌(北海道)。


かつてはそうでなく、対価を堂々と求めることをした。


今はそんなことよりも、第一に自分の立場や地位を守ることに必死で、自分とこの商品や従業員のクオリティなど二の三の次にしているボンクラがウヨウヨしている。


この大阪だってたくさん短所もあるだろう。


しかし、まともな考えを持った人の絶対数は札幌と比べても月とすっぽんである。


勢いが活気につながり、日々の暮らしのテンションがあがる。


もちろん、その土地柄に対する人の見方は様々だけど、結果がともわなければ北海道のような“しょうがないべや文化”で終わってしまう。


オレはそんな無気力文化が大嫌い。


何故ならすぐ先には『絶望』しかないからだ。


大阪エエネ!!(笑)
 [ 2012/10/17 11:15 ]  独り言 | TB(-) | CM(-)

久々、印象的な夢を見た。

【壱】

どこかの飲食店街を歩いてる。

その飲食店街は全国から集まった創作料理の店が軒を連ねる。

ハガキくらいのチャーシュー2枚が並んだ上に黒チャーハンが山盛りになっている店を選ぶ。

店内に入ると注文の仕方がわからないので「これとこれ・・・」って感じでオーダーした。

中華創作料理っぽい。

その、黒チャーハンと何かわからないが店の売り的な茶色いものと白いものがある。大きさはこれもハガキくらいで厚さは1cm弱くらい。

店内には逆L字カウンターしかない。

入口から見て右側からスッと伸びたカウンターは左側で奥に向けてL字になっているから逆L字だ。

お客さんはカウンターの右側から男性ピン客が二人とL字の奥側に女の子が二人組の計四人。

そのカウンターのほぼ中央あたり・・・ってより、意識的に女の子たちの隣近くへ座る。

急に違和感なく仲良くなる。

常連さんらしい。

オーダーの仕方や美味しく食べるコツを教わったような気がする。

白いハガキくらいのものは、こんにゃくだと教えてもらった。

(終)





【弐】

場面が変わる。

街外れの一本道の国道沿いの歩道。

向かって右側(対向車線)の歩道側にいる。

歩道の外は畑と草むら。

誰か男友達と一緒に歩いている。

女友達三人組に紹介を受けた人がこの先で何か(店?施設?)を営んでいる。

男友達とそこへ向かっているが、その人が突然現れた。50代半ばくらいのオバサン。

明るくてとてもいい人な印象。

不思議な力があるらしい。

男友達とオバサンと三人で歩道で何か話している。

そのオバサンが現れてから起きた現象。
1、『月明かりに感動』夜なのに月明かりが明るすぎて周辺がハッキリ見えた。
2、『宇宙船?』真っ青に光る隕石を発見する。国道を過ぎり畑へゆっくり落ちていく。何より小さくゆっくりと落ちている。真っ青な光が取れ針金細工みたいなものがターンしてこちらへ向かってきた。オバサンは「それは宇宙船だよ!」とまるでこの辺りじゃ当たり前に見るように言う。全長5cm!(笑)オスプレイを針金で作ったようなものがゆっくりとオレの方へ向かってくる。ヒザくらいの高さをゆっくり飛んで来たから捕まえた。すると翼がポキッと折れてみんなで笑った。
3、『金色のカブトムシ』オバサンの言うことでは、この辺りには金色のカブトムシがいるという。オバサンが「ほら、そこにいる!」と教えてくれた。ガードレールのところに茂っている雑草の中にいた。ふつうサイズの大きさだけど、金色をしたカブトムシだった。それを捕まえた。

オバサンの旦那さんが車でやってきた。「(店?施設?を)留守にしてはダメじゃないか!?」とやんわり注意されていた。何故か旦那さんはセブンイレブンの服を着ていた。

オバサンと別れ、いつのまにか男友達もいなくなり、女友達三人組の部屋へ行った。

金色のカブトムシを見せてあげた。

全員感動していた。

(終)





【参】

高校の時の野球部の監督が現れた。

学校みたいなところ。

監督に「やま~」と呼ばれた。

(終)
 [ 2012/10/11 05:12 ]  独り言 | TB(-) | CM(-)

スズメバチに刺されても死なない事実

スズメバチに刺されて死ぬ人と死なない人がいる。身近で大げさに勘違いしている人がいると思われるので書いておこう。



スズメバチの毒そのもので死ぬ人はまずいない。



数百回刺されれば別だ。
人間はスズメバチの毒には免疫があるのである。



では、何故一匹のスズメバチでも命を落とす人がいるのか?



それは、アナフィラキシーショックである。
要は、アレルギー性ショック。



一度目に一匹に一回刺されたとする。その時は、湿疹が出たり軽度な症状が現れる。よく、「二回目は命無いよ!」とか脅かす医者も多いけど、あながち嘘ではない。一度目で免疫が誰でもできるが、二度目にはその免疫に過剰に反応してショック状態に至るのだ。それがアナフィラキシーショックである。毒で麻痺したりするのではなく、毒が体内に侵入してきて免疫機能がびっくらこくのがアレルギー性ショックだ。



一度目で死に至る人はよほど普段からいろいろなものにより、アレルギー性ショックを起こしている人だろう。



だから、勘違いしている人は「もう一回スズメバチに刺されたら死ぬ!」と大げさに騒ぎ立てるが、一度目でアレルギー症状が出たり医者に二度目は気をつけろ!と言われた人は“他のハチ”に刺されても死ぬということだ。



なので、スズメバチが来たら過剰に反応して追い払ったり逃げたりするが、他のハチが来てもヘッチャラな人はよくわかってないと言える(笑)



ましてや、スズメバチは一回でも刺したら痛いらしい。(“らしい”と言うのはオレは刺されたことがないから)



ハチそのものは、刺そうとして近付いて来ない。蚊やブヨ、アブとは違う。巣やハチ自体を刺激したら別だ。



刺されるのは大抵、頭イカレてるやつが多いと言われている(笑)



確かに納得できる気がする。



ハチもわかっているのだろうね(苦笑)



何より“刺されたら死ぬ”=“毒で死ぬ”みたいに思わせる人間の方が厄介だ。



結局、死に至るほどではない人間の話しを盛っているとしか言いようがない。



オレは、スズメバチなどキケンな生き物より、それを異常に騒ぎ立てる人間の方が気になる。



精神病以外なにものでもない。
 [ 2012/10/10 21:20 ]  独り言 | TB(-) | CM(-)

なんとかなる日

薬無くなってきたから札幌(手稲)の病院へ行ってきたでござる。病院の受付が11:30まで、そして今日に限って午後は休診という・・・。京極出たの10:30ころ、小樽の時点で11:15(苦笑)こんな時に限ってウンチもれそう・・・しかもピーな感じ(汗)久々のピ~ンチ!もう落ち着いて考えられなくて高速に入ってみた。次第に腹の具合は落ち着いてくれたが・・・手稲インターで降りようと思ったけど小樽方面からじゃ降りられなかったのでござる・・・(>o<)そう思ったらウンチが・・・いいやピーが・・・かなりヤバす!!カラダくねらせながらなんとか札幌西インターまで行ってソッコーパチンコ屋で出させてもらったでござる(笑)カラダがフワフワスッキリした。ついでにパチンコも打ちたくなったでござる。スッキリしたが、とりあえず強引に受けてもらおうと病院へ向かった。着いたの12:00。ダメもとで受付のお姉ちゃんに困ったちゃん風で「薬だけ欲しいんれしゅけろ~」って頼み込んでみた。そしたら「今回だけ特別ですよ!」と成功だった(笑)



なんとかなるもんだ。



次の予定は、デリ嬢の面接。13:00に札駅で待ち合わせたでござる。ステラにPして地下街の適当な喫茶店に入った。ものすご~く地味なんだけど、スタイル細身だし化粧次第では稼げる見込みと感じた。早速、ステラのショップで似合いそうな服や靴を買ってあげて、大丸にいる知り合いの化粧部員に化粧のアドバイスしてもらった。28才という熟女だけど、清楚な20代前半に大変身。写メ載せてぇーよ!!この業界、清楚系で変態というギャップが昔から稼げるってもんよ。



なんとかなるもんだ。



次の予定は、15:30で少し時間あるから自分の服買いにGAPへお邪魔した。Aちゃんがレジにいるの発見!!そー言えば久しぶりに服買うわ(笑)田舎にいるとどーでもよくなるからな。カッコつけるシーンがないから・・・。Aちゃんと服選びながら、お話聞いてもらうのが楽しい。だってオレの顔見るなり必ずウケてくれるから(笑)それって・・・てのもあるが今回選んでもらったのは、今季も流行るダウンベスト。オレが買ったもの全て覚えているから、これやあれやとガチにオススメしてくれる。ほんとAちゃんはできる子や。あ、でもちゃんと旦那おるから手出しできないでござる。つかよ、財布に5千円札しか入っていない。そのベスト13000円なり。安いけど金が足らん。来るとき財布に10万入れて来たのに・・・(苦笑)AちゃんにATMの場所を聞いて向かった。しかしキャッシュコーナーの前でキャッシュカードが無いことに気付く!京極ハウスへ置いてきたてしまったのだ!まぁ、今回は諦めれば良い話しだからテクテクGAPへ戻っていたら、いきなり知り合いに会った。ある意味これも“犬も歩けば棒に当たる”ってやつか!?久しぶりな話しをしてから「おい!1万貸せや!!」と言うと景気の良い売れっ子キャバ嬢は快く貸してくれた(笑)



なんとかなるものだ。



GAPを出てから、いつもの整骨院へ行った。15:30からはこの用事。自分のメンテナンス。ヒグマみたいな先生にまるで人形のようにカラダをバラされる。今回は、腰と背中。ウケたのは、うつ伏せで両足持たれて頭へ向かってグワングワンウェーブされたこと。決して無謀に力を込めているのではなく、凝っている箇所に連動している凝りを突き止めて原因をやっつける手法。力とセンスと熟練の技の結晶である。恐らく札幌一
、いいや北海道一、いいや日本一のトップレベルの治り具合だろう。つか、あまり有名にならなくていい。穴場とはこういうことを言うんだから。でも、体のクセってオソロシい・・・。このクソ田舎へ戻ってきた頃には元に戻りそうになる。先生が言ってた「山さん、ストレッチしなきゃダメですよ!ガチガチで曲がらないですわ・・・」



これだけは、なんとかならないですわ・・・w



週単位でホグしてもらえるとキッカケ捕まえて筋伸ばせるけど、ストレスもあるのか田舎へ来たらガチガチになります。



人には“なんとかなる”という適した環境(土地)があるものだと思った1日だった。



なんとかならない(結果が出ない)環境(土地)にいる人は適した環境(元の土地)へ戻るべきだろう。その土地にとっても当人にとっても決して『プラス』にはならないからね。
 [ 2012/10/09 21:40 ]  独り言 | TB(-) | CM(-)

羊蹄山麓の順序

倶知安>蘭越>京極>ニセコ>真狩=留寿都=喜茂別=黒松内 の順です。



上位と下位を見られて勉強になりました。




オレから言わせると全村合併して『ようてい市』にでもすりゃぁいぃのに。




激安売りセールの“市制度”終わったのかいな?




通常、5万人じゃなきゃ“市”にできないところ・・・今なら3万人でOK! ってやつ(笑)



都会思考なら25年後はすぐだと考え行動に移すけれど、この地域民は、「そのころ死んでいねぇ!」で終わらす。生産性ないどころか発展性も無いこの羊蹄山麓は間もなく“買い”です!(爆)
 [ 2012/10/08 20:16 ]  独り言 | TB(-) | CM(-)

うんざりされる人間

『アスペルガー症候群ADHD型』と疑われる人間。



一見、一般人かと思ってしまうが、徐々にその全貌を自ら明らかにしてしまう。変な言動が目立ち始め、やがて耳から脳みそが出てくるんじゃないかと思うくらい、異常な執着をみせるのが特徴である。



初めて話すかのように何度も同じ事を話したり、程度の低いことをやっているので、「これ、こうしたらいいじゃない?」と世間一般的な指摘をしたら「いいや!これはこうだ!!」と何度も繰り返し強調する。



まともな人は、唖然・絶句する。そんなくだらない事を強調する異常者は一般社会にはいないからだ。



この種の人間の勧めや考えを断ったり否定すると、程度の限界を越えて“根に持つ”習性がある。なのでこちらが記憶に残らないような些細なことでも大げさに騒ぎ立て、相手を悪く仕立てようと話しをすり替えることにエネルギーを注ぐ日々をおくるのである。



この種の人間は、現実と妄想の区別がすでにつかなくなっている。それは常に妄想の世界で考え事しているからで、妄想の世界に支配されてしまっている。頭の中はその執着に対する考え事で埋め尽くされ、何か話しかけると、「はあ?」とか「えっ?」とか聞こえていないのが特徴である。一見、耳が悪い人のように思うが、そうではなく、その現実から遠のいて脳みそが泡立っているため聞こえていないのである。(頭の中では、執着していることを思考する→妄想→幻覚を繰り返している。)



独り言なのか、誰に話しかけているのかわからない。独りで喋り、独りで笑い、独りで文句を言っている。時にはうなり声をあげる。時には、相手に自分の話しを強引に聞かせ肯定させる異常ぶりだ。



人に害が及ばなければ、ここまで書かく必要はないが、余りにもひどすぎる実態なので記事にしてみた。これを野放しにしている自治体(社会)もどうかと思う。



もちろん判別が難しい症状と言われているが、こうした連中をたくさん見てきたから、ヘタな医者よりは診断できる。



そして、意外にこうした人間は自覚している。



だから、害になりそうな時は、はっきりと言ってあげることが一番である。



「変だよ!」「病院へ行けば?」「イカれてるね?」などなど・・・



何故ならば、既に診断されている人は、自制できているからだ。



きちんと、所定の機関で認められ、その症状にあった対処法や薬をさずけられることが賢明と言える。



一族は、“性格”と思いこんでいるが“養護”と分類されることに全く気付いていない。



タチの悪いのは、マジ疲れる。
 [ 2012/10/04 22:16 ]  独り言 | TB(-) | CM(-)

さぁ、あと1ヶ月。。。

ホタテファーム(仮名)の手伝いもあと1ヶ月くらいで終わる。



季節労働みたいなもんだから、また仕事見つけるのが大変。てより、面倒くさい(苦笑)



出資している店でも乗っ取るか!



そんな御法度晒したら打ち首獄門やしね(苦笑)



なんて不様なんでしょう・・・



とにかく大阪の新店には頑張ってもらわねば!!



まぁ、いまの身分では、テキトーな所で働いているのが一番儲かるってことなんやけどね。
 [ 2012/10/04 00:16 ]  百姓日記 | TB(-) | CM(-)

間違い(失敗)する(起こす)時は調整の時と思え

世の中には、“間違い”“失敗”することにビビるやつがいる。


人生でいろいろな“間違い”“失敗”なんて当たり前のこと。



それをあえてしないように、慎重に、考えに考え抜いて、場合によっては手も着けないアホ(田舎思考)がいる。



こんな奴らが、俗に言う『低次元・田舎もの』なのだ。



そんなアホ(田舎思考)はほっといて、成長したい(しなければならない)都会思考の若者に教えてあげよう。



“間違い”や“失敗”をしない唯一の方法。















それは、“間違い”“失敗”をしてみること。
(なるべく早い段階で)














聞いた話やテレビや本でみたことで回避するのではなく実際に経験して身に感じることが大事なのである。



反省や後悔をしてみること。



自然と学習するものだ。



その経験が多けりゃ多いほど、将来、物事をスムーズにスマートに運ぶことができるというわけだ。



いずれにせよ、頭デッカチは、何やらせても“センス”が無い。



“センス”あったら高次元の結果が出る。



30才半ば過ぎて、この話しを理解できないやつはイタいかもな。カッコつけてるようで、実は一番ダサいことに気づいていない。



“間違い”や“失敗”は恥ではない。



“知らない事”もあって当たり前。



それらを馬鹿にする者は、かなり次元が低く、貧しい生き様を幸せだと勘違いして生きなければならない可哀相な生き物だと思えばいい。



そんな低いヤツらの特徴は、“上辺”や“外面”がイイだけ。



何よりも“ツウぶる”



何よりも“娯楽を知らない”



非常に民度が低い生き物なのである。



都市部に蔓延る、この田舎もんたちは、都市の発展の邪魔である。



なので、そんな奴らの粗探しにメゲてはいけない。黙々と“間違い”や“失敗”をしましょう。



軽度な雑音を気にしてはならない。



都会思考の人ほど、20代30代40代・・・と、それを熟知していく。



アホは、年を増す毎に周囲に置いて行かれ、いい年しても程度の低い振る舞いしかできない。



組織において、アホが上司だと部下が成長しない(できない)理由はそこにあるのだ。



とにかく“間違い”“失敗”をしたときは、真摯に受け止め、次へ結び付けることだ。




『失敗は成功のもと』




である。
 [ 2012/10/02 19:44 ]  仕事 | TB(-) | CM(-)
博多んもん★点取り
天気予報
カレンダー
09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
サイト内検索
プロフィール

やま

Author:やま
1970年4月8日生まれ ♂

北海道札幌市出身

大阪府大阪市在住

過去ログ
QRコード
QR